002 きみの名は

「……いってえ……」
 擦りむいたひじをさすりながら、ソラはのろのろと体を起こした。
 かたい地面の確かな感触。まばらに生えた木々は横からの強風でどれも奇妙な形に歪んでいる。林と呼ぶにはあまりにもお粗末だが、吹きさらしよりはいくらかマシだ。
 切り立った崖の上、わずかに木々が茂る場所に、二人は着地した。
 不時着……いや、墜落といったほうが近いかもしれない。
 陸島の端ギリギリに建てられたあの施設を脱出してから、数十分。二人を乗せた『支柱晶』は、陸島の側面……地上からは死角になる崖にそって飛んでいたが、少年の「もう限界」という一言で急上昇し、次第によろよろと勢いをなくして、これはもう地上にたどり着けないのではないかとソラを戦々恐々とさせながら、かろうじて地面のあるところに到達した。
 派手に地面を転がったせいで体中があちこち痛む。擦りむいたひざからは盛大に血が出ているが、大きな怪我はなさそうだ。
 足元にゴーグルが落ちている。少年がしていたものだ。
 ソラから数歩離れたところに、少年は倒れていた。
 あおむけに四肢を投げ出したまま、ぐったりと動かない。
 どくんと心臓が跳ね上がる。
「だ、大丈夫ですか!?」
 駆け寄ってその肩を揺らす。細い肩だ。少年の唇がわずかに動く。何を言っているのか聞き取れない。
「……い……」
「いたい? どこが痛いんですか!?」
 口元へ耳を寄せる。
「……ねむい……」
「は? ねむい……えっ!?」
 驚いてその顔を見ると、少年はすでに寝息を立てていた。その寝顔は穏やかで、外から見るかぎり大きな怪我も見当たらない。
 がっくりと全身の力が抜け、ソラはその場にへたり込んだ。
 腕が小刻みに震えている。ずっと『支柱晶』を握りしめていたせいだ。自分の意志とは無関係にぷるぷると痙攣する手のひらを握ったり広げたりしながら、ソラはぐるりと林を見まわした。
 そういえば『支柱晶』が見当たらない。
 消えてしまったんだろうか。現れた時と同じように。
 ひんやりとしたガラスの感触を思い返してみる。
 あんなものに乗って、空を飛んだ。
 まるでおとぎ話の魔法使いみたいに。
 ――魔法士が、なぜ……――。
 兵士たちの言葉を思い出す。
 “マホウシ”とは何者だろう。
 ソラは目の前に横たわる“マホウシ”の少年を、改めて観察した。
 少しくせのある黒髪に、透き通るような白い肌。涼やかな目鼻立ちで、まつげが長い。とても綺麗な人だ。美人、という言葉が真っ先に思い浮かぶ。男相手に“美人”という表現を使っていいのかどうかわからなかったが、なんとなく、この人にはそれが似合っている気がした。
 華奢といっていいくらいの細身だが、弱々しい感じはしない。むしろ、線の細さにあり余る存在感が、少年の内から溢れている。
 歳は、十五、六ぐらい。自分より少し年上だろうか。そもそも自分の年齢自体が定かでないのだけど。
 この人と自分は、一体どういう関係なのだろう。
 もしかして、兄弟だったりするのだろうか。
 兄貴。兄さん。おにいちゃん。
 口の中で呟いてみる。
「なんか違うなあ……」
 どれも舌になじまない。
 自分の前髪を引っぱってみる。光に透ける金色は、少年の黒髪とは似ても似つかない。肌の色、骨格、髪の質、そしておそらく顔立ちも、自分と少年はまるで違った。
 外見だけでは断定できないが、ただ漠然と、血のつながりはないように思えた。
 けれど自分に向けられた少年のまなざしは、とても近しい人のそれだった。
 親子や兄弟。あるいはそれに等しい大切な誰か。
 少年が身じろぎする。薄いまぶたが少し震えた。シャツの下の胸が穏やかに上下している。
 頬にかかる前髪で隠れたところに、青あざが見えた。いまの墜落でできたものだろうか。
 眠った人間をただ眺めるのにもさすがに飽きて、ソラは手持ちぶさたにきょろきょろとあたりを見回した。
 吹きすさぶ風のほうへ顔をむけると、木々のむこうで地面がぶつりと途切れている。
 大地の果て。陸島の端だ。
 好奇心がむくむくと頭をもたげる。
 地面の強度を確かめながら、そっと崖へ近づく。腹ばいになると、ソラは恐る恐る垂直の崖を覗き込んだ。
「う……わ……!」
 どこまでも続く空と岩のコントラスト。遠くへ行くほどその境は白くかすんで曖昧になっていく。崖は内陸にむかってゆるくカーブし、その下には空と雲があるだけだ。
 風のかたまりが前髪を吹き上げる。
「これが、大地の果て……」
 陸島の端は地盤の脆いところが多く、そのほとんどが立ち入り禁止になっている。頭上の空は見上げることができるが、陸の下に広がる空は飛空船にでも乗らない限り見ることはできない。『支柱晶』で飛んでいる時ならもっとよく見えたのだろうが、あの時は景色を楽しむ余裕はなかった。
 頭ではわかっていたつもりでも、こうして実際に目の当たりにすると、言葉では表しきれない現実の強さに圧倒される。
 本当に、浮かんでるんだ……。
「すごい……」
 地面の端を強く掴む。いま自分は大地の端っこをつかんでいるのだ。
 さらに身を乗り出す。遥か下にあると言われる『空ノ底』は、やはり肉眼では見えない。
「そこから落っこちても、助けてやらないからな」
 からかうような声音に振り返る。横たわったままの少年が、瞳だけをこちらに向けていた。
 夜色の瞳が、いたずらっぽく光る。
「知ってるか? 墜落して『空ノ底』に消えた飛空船が、何十年も経った後に上空から降ってきたって話。ガッチガチに凍って、乗客は全員冷凍ミイラ……まっ、どこまで本当かはわからないけどな。でも話どおりだとしたら、『神ノ庭』と『空ノ底』は繋がってるってことになる……それってすごいよな」
 少年が両手を空に伸ばす。
「創世の空白期、失われた大地の行方……科学技術は日々進歩しているのに、世界はまだまだ謎だらけだ。なあ、この国を出たらさ、遺跡とかもガンガンまわろうぜ!」
 少年が楽しげに笑う。無邪気な笑みだ。大人びた雰囲気が薄れて、少年が一気に幼く見えた。
 その笑顔にそぐわないくまが、目の下に黒々と浮いている。肌が白いせいか、少し目立って痛々しい。
 どこか具合が悪いのだろうか。
「うう、寒い……!」
 吹く風に身を震わせ、少年は薄いシャツをたぐり寄せた。
「あ……すみません、上着。返します」
「なんで敬語なんだよ」
 おかしそうに笑いながら少年が言う。
「上着はそのまま着てろよ。おまえマッパだし、返されても逆に困る。てゆうかおまえこそ素足で寒くないのか?」
 素肌に上着一枚という格好でソラは首を傾げた。びゅうびゅうと吹きつける風はたしかに冷たいし、あの機械から脱出した直後はがちがちに凍えていたのだが、今は寒さを感じない。
「大丈夫です」
「ふうん。見てるこっちが寒いけどな。そういえば昔から寒さ熱さに強かったもんなあ、おまえは」
 “昔”という一言に、どきりと胸が高鳴る。
 いったいどんな“昔”だったのだろうか。
 この人は、どのくらい“ソラ”を知っているのだろう。
 昔のこと。“ソラ”のこと。少年のこと。
 知りたいことがありすぎて、何から聞けばいいのかわからない。
 そうだ、まずは記憶がないことを言わなければ。
「あの……」
 口を開きかけて、ソラは少年の視線に気がついた。
 美しい夜空色の瞳が、じっとこちらを見つめている。その視線があまりにもまっすぐなので、ソラは何だが落ち着かない気分になった。
 なんだろう。ぼくの顔になにかついているのだろうか。
 あ。
 まさか、よく見たらぼくが“ソラ”じゃなかったとか?
 そんなオチってあるんだろうか。
 まさかまさか、そんなこと……。


「ソラ」
 ふいに少年が手招きする。名前を呼ばれたことに少しほっとして、ソラは少年のすぐ近くにしゃがみ込んだ。
 手振りに誘われて、さらに顔をよせる。
「?」
 かがんだところをいきなり抱きすくめれ、ソラは少年の上に倒れ込んだ。
「わっ、ちょ、なにっ!?」
「ソラだ……」
 少年が腕に力を込める。前のめりの無理な姿勢で背骨が折れそうだ。
「ちょ……くる、し……っ」
「ソラだ、ソラだ、ソラだ!! ついにやったぞ!!」
 足をばたつかせながら、少年が幼子のように歓声を上げる。その声がわずかに震えていることに気がついて、ソラはもがくのを止めた。
 少年は心の底から喜んでいた。頭のてっぺんからつま先、鼓動、吐く息にまで、喜びが溢れている。
 ああ、この人は。
 本当に、“ソラ”が好きなんだな。
 ぎゅうぎゅうと抱きしめられながら、ソラはどこか他人事のようにそう思った。
「ああ、ソラだ……ちゃんと生きてる。生きて……」
 少年が声を詰まらせる。泣いているのだろうか。
 見ないふりをすべきかどうか迷っていると、とつぜん上体が持ち上がった。ソラの目と鼻の先で、夜色の瞳が子どものようにきらきらと輝く。
「なあ、どこに行きたい? 紅富都? 珀林? とりあえず海見たいよなあ、海。あと白絹砂漠と、輝日野の原生林と……行きたい場所は全部まわろう。どこへでも好きなところへ行ける。おれたちは、もう自由だ」
 双眸が強く光る。さっきの無邪気な輝きとは違う、ぎらりとした刃のような光だ。
「もうこんなくだらない国で、くだらないやつらと一緒にいなくていい。どこか遠いところへ行って、ふたりで楽し、く……っ」
 息を詰めた少年の顔が歪む。
「どうしたの」
 痛みを堪えるようなその表情に、ソラは思わず腰を浮かせた。
 なんでもない、と少年が首を振る。その瞳が、ふっと遠くなった。
「……本当に長かった。おまえが捕まってから毎日、もう殺されてるんじゃないかとか、二度と会えないんじゃないかとか、考え出すと止まらなくて。こんな日が永遠に続くのかもしれないと思うと、本当に気が狂いそうだった。でも、終わった……もう二度とあいつらの好きにはさせない。いいか、ソラ」
 腕を強く掴まれる。挑むような瞳が、再び鮮烈な光を宿した。
「もう絶対に、おれはおまえと離れたりしない」
 強い意志が鼓膜にぶつかる。
 いや、意志なんて生易しいものではない。これは誓いだ。少年の魂が、そう誓っている。少年は自らの命を賭して、それを必ず実現するだろう。
 鼓動が高鳴る。
 魂には、魂で応えなければならない。
 ソラはまっすぐに少年を見つめたまま、全身の力を絞り出すように、ゆっくり一度だけうなずいた。
 安堵したように、少年のまなざしが和らぐ。強く腕を掴んでいた手から力が抜けた。
「魔法院がおれたちを追ってくるだろうけど、内々に済ませようとして、始めのうちはあまり大きく動かないはずだ。軍が出てくる前に、“裏”の空港からとりあえず玖倉へ渡る。出国するまでは気が抜けない。おまえもおれから離れるなよ」
 少年が再びまぶたを閉じる。ぐったりと地面に体を預けて、深いため息を吐いた。ひどく疲れているようだ。
「どこか具合が悪いんですか?」
「いや……“力”の使い過ぎでちょっと疲れただけだ。少し休めば、大丈夫」
 少年が片手で顔を覆う。
「飛空はとくに神経を使うんだ。しかも二人乗りで長距離はかなりキツい。正直、あのまま落っこちるかと思った。ちょっと危なかったな」
 小さく笑った少年が、ふいに真顔になる。
「おまえこそ、何ともないのか」
「え?」
「“え?”じゃないだろう。体は大丈夫なのか? ずっと冷凍されてたんだし、あの時の怪我だって……」
 ひんやりとした指が首筋に触れる。
「首はちゃんと繋がってるみたいだけど」
 少年がくすりと笑う。いろんな笑顔を操る人だなとソラは思った。
「あの状況じゃ覚えてないかもしれないけど、おまえ頭とれそうだったんだぞ? すごい出血だったし、あの時はもう本気でだめだと思ったよ。まさかおまえが本当に不死身だなんて思ってなかったからさ」
「不死身……?」
 風が二人の間をすり抜けていく。少年はもう笑ってはいなかった。
「あの時……おまえがおれをかばって竜に噛まれた後、やっと魔法士団が来たんだ。通報からどのぐらい経ってたと思う? 丸二日だよ。もう何十人も死んでた。残の群れの連中もほとんどやられたよ。結局、竜はおれが仕留めて……魔法院の奴ら、全部終わったあとにのこのこ出てきやがって。おれたちを助けに来たんじゃない、ただ竜に噛まれた人間を回収に来たんだ」
 少年の声音はひどく静かだった。時折、悲鳴に似た音をたてて過ぎる風のほうが、よほどうるさいくらいだ。表情の消え失せた少年の顔はきれいな人形のようで、体温を感じさせないほどに無機質だった。
 けれど、その見た目とは裏腹に、夜色の瞳の奥で高温の何かが燻っていることに、ソラは気がついていた。
 怒りとか憎しみとか、それに似た何か。
 唇の端に滲む血が、やけに赤く見える。
「おまえが竜毒を受けた“死体”として連れて行かれそうになって、おれは思わず“力”を使った。それで結局おれも捕まって……護送される直前に、おまえが動いたんだ。あいつらの驚きよう、おまえにも見せてやりたかったよ。おまえは『ハコ』に連れて行かれて、おれは魔法士として院に従うことを強要された。おまえが生きていることはわかってたから、表面上は素直に従うふりをして、助け出す機会をうかがってたんだ」
 二年、と少年が呟く。
「居場所の特定と『ハコ』へのアクセスに、二年かかった。本当はもっと早く助けてやりたかったんだけど……ごめんな」
 消え入りそうに言って、少年が目を伏せる。ソラは唇を噛んだ。
 謝らなければいけないのは自分のほうだ。
 この人は、こんなにも“ソラ”のことを想っている。
 声音、まなざし、指先と、少年のすべてから溢れ出る想いは、言葉よりも強い力でソラの心を震わせた。
 それなのに、自分はどうだ。一切の記憶をなくし、少年の名前はおろか自分のことすら思い出せない。
 罪悪感で臓腑が軋む。情けない気持ちでいっぱいだ。頭を打って記憶が戻るなら、いますぐ地面に打ちつけてやるのに。
 唇を強く噛み締める。
 その時、ぎりぎりと縮んだ胃から、ぐきゅうぐるるる、とマヌケな音が出た。
 それは沈んだ空気をぶち壊し、長々と余韻を響かせながら、ソラと少年の間を抜けて、晴れ渡った空へと消えていった。
 夜色の瞳と視線が重なる。わずかな間を置いて、少年が思いきり吹き出した。
 顔が熱くなる。恥ずかしい。どこかに埋まってしまいたい。
 あぁあああ。
「ここから街まではかなり時間がかかるけど、着いたら真っ先にメシを食おう。ああ、でもそのまえに服を調達しなくちゃ……ふふっ、しかし今のは傑作だったな」
 笑いながら少年が肩を震わせる。なんかもう最低だ。
 それでも……。
「ああ……思いきり笑ったのなんて、久しぶりだな」
 吐息まじりに言いながら、少年が空を仰ぐ。
 この人が笑ってくれるなら、なんだっていいような気がした。
「現在地は……まだ第三区か。地下水路から四区に出て……うん、なんとかなりそうだな」
 腕時計型の端末機を操作しながら、少年が肩をすくめる。
「実はちょっとヘマしてさ。おまえ助けるの、本当は今日じゃなかったんだ。不正アクセスがバレて捕まりそうになったから、そのまま成り行きで……まっ、色々と段取り悪いけど、勘弁な」
 弾みをつけて少年が体を起こす。
「うわ、頭じゃりじゃり」
 あちこちについた砂を払いつつ、こきこきと肩を鳴らして大きく伸びをした。
「よし、じゃあ行くか!」
「あ……ちょっと待って!」
 立ち上がりかけた少年を、ソラはあわてて引き留めた。
 大事なことを忘れていた。まだ言っていないのだ。
 記憶がないということを。
 なにも覚えていないということを、まだ言っていない。
 言わなくちゃ。
 口を開きかけて、ソラはためらった。
「どうした?」
 先を促すように、少年が首を傾げる。
 夜色の瞳をまっすぐに見れないまま、ソラは黙り込んだ。
 言葉が出ない。
 怖かった。
 少年はきっとがっかりするだろう。
 苦労して助け出した“ソラ”の中身がからっぽだと知ったら。
 あなたのことをなにも覚えていない、と言ったら。
 たぶん悲しむだろう。もしかしたら、怒るかも知れない。
 がっかりする顔を、見たくなかった。
「ソラ」
 少年がソラを呼ぶ。どこまでも澄んだ、美しい声音だ。
 瞳の色と同じように、深い夜空を思わせる声。
 相手をまるごと包み込むような、何もかもを許容する深い響きで、少年はソラを呼ぶ。
 少年に名を呼ばれる度に、ソラは自分の存在が濃くなっていくのを感じた。
 ぼくも、呼べるだろうか……そんな風に。
「大丈夫だよ」
 冷たい手のひらが頬を包む。目線を合わせて、少年は言った。
「おまえのことはおれが守る。どんなことがあっても、おれたちはずっと一緒だ」
 だから大丈夫と、少年が繰り返す。
 その言葉は不思議と的を得ていて、ソラを勇気づけた。
「どんなことがあっても、ずっと一緒……」
 一音一音を噛み締めるように呟いて、ソラは大きく息を吸い込んだ。
「……なまえを」
「名前?」
「教えてほしいんです。あなたの……」

 

「あなたの、なまえを」

 

 あなたがぼくを呼んでくれるように。
 ぼくは、あなたの名を呼びたい。

< previw |  close |  next >
Web拍手を送る  |  top↑